プロに相談してアドバイスをもらう

注文住宅を建てるためのポイントとして挙げられているのが、収納と動線です。動線のことを考えずに建ててしまうと後から家の中でトラブルが発生する可能性が高くなってしまうため、絶対に避けましょう。動線について考えて建てられるようにしておくためには、なるべく積極的に建築業者の設計担当者と話し合ってください。話し合うことによって、納得できる住まいを建てることが可能となるからです。設計担当者であれば、間取りから発生する動線について明確に判断し、アドバイスしてくれるでしょう。アドバイスをもとに間取りや動線、収納を考える家づくりが必要といわれています。特に普段は使わなくても動線に影響を及ぼすような場所に収納を作ることは避けてください。

具体的なシチュエーションを考えてスペースを確保

たとえば玄関部分に収納をつけず、後悔している家庭は少なくありません。玄関部分には意外と物を置くことが多いため備え付けの下駄箱以外にも収納をつけておくといいでしょう。特に子供が小さいうちは子供の三輪車や遊び道具を収納することが少なくありません。子供や自分たち夫婦の収納のことを考えてスペースを設けてください。動線にも影響を与える部分であるためなるべく収納を的確に用意しておくといいでしょう。リビングや各自の部屋の収納などをも考えてスペースを設けることによって、動線に影響を及ぼさず、納得できる形で家の中をすっきりさせることができます。収納が足らず、家具を改めて買い足すことによって動線に影響を及ぼさないように、前もって備え付けの収納で足りるよう、スペースを確保しておいたほうがいいでしょう。

千葉の注文住宅の建築実例における価格は、1千万円台から3500万円以上までの間で、2千万円台が平均的な値段です。生活の利便性が高い所や有名観光施設がある地域が、比較的高価な傾向があります。