フルローンで大丈夫なことは少ない

住宅ローンを借りて注文住宅を建てるケースは多いですが、一般的には資金ゼロで建てられるわけではありません。住宅ローンで土地の購入費用と建築費用の全額をカバーすることは、不可能ではありません。しかし、それを全額ローンで工面する形にしてしまうと毎月の返済額が大きくなってしまって大変です。通常は頭金を少し用意しておき、フルローンにするのは避けています。ただ、希望すればフルローンにもできるのかと疑問に思う人もいるでしょう。フルローンで大丈夫なこともないわけではありません。しかし、大抵の金融機関からは2割程度は頭金として用意して欲しいと言われてしまうことになります。どうして頭金を用意しなければならないのでしょうか。

頭金が必要な理由とは

金融機関が住宅ローンの頭金を要求する理由は、お金を貸したことで損をしてしまわないようにするためです。住宅ローンを毎月しっかりと返してくれれば問題はないのですが、返せなくなってしまう人も少なからずいます。本当に返せない状況になってしまったら、金融機関はそのお金を使って建てた住宅や購入した土地を回収して売ることにより貸したお金を取り返すことになるのが一般的です。ただ、住宅は経年により劣化して価値が低下してしまうため、新築当初と同じような価格で売ることはできません。その損失分を考慮すると最初に2割くらいの頭金が支払われていないと銀行が損してしまうリスクがあるのです。そのため、住宅ローンを借りるときには頭金が必要なことが多くなっています。

横浜の注文住宅とは、横浜市内に建てられた注文住宅及び、注文住宅建設を請け負う建築関係の企業を指す言葉です。