子供が大きくなった時の間取り

マンションを購入する場合には、それ以上家族が増えることがなければ、購入する時の家族構成を考えて広さを選べば十分です。例えば、夫婦二人だけでこれから子供が生まれる可能性がない場合は、2LDKのマンションでも十分広いくらいです。ところが、まだ若い夫婦でこれから子供が生まれる場合や、子供はいるけどもまだ赤ちゃんの場合には将来的に子供部屋のことも考えなければいけません。特に子供を二人以上授かりたい場合には少し広めの部屋を手に入れる必要があるでしょう。一般的には、3LDKの間取りが多いですが中には4LDKの間取りもあります。子供が二人以上いる場合ならば4LDKの間取りを検討してみてもよいかもしれません。

リフォームすることも考えてみる

最近は、マンションを購入してから10年以上経過してリフォームする人が増えています。リフォームする場合は、いくら自分の持ち家とはいえ勝手にリフォームしてはいけない場所もありますので予め理解しておくことが必要です。マンションは、共有部分と専有部分の2種類に分かれており、持ち主が手を加えることができる範囲を専有部分といます。専有部分は、基本的に躯体の内側だけになりますが、例外的に窓の冊子とその外側は勝手に手を加えることができません。つまり、ベランダやバルコニーなどは共有部分に該当することになりますので、形を変えることや穴を開けることは不可能になります。また、水回りの移動などの場面では排水管と給水管が躯体の内側に通っていなければ、リフォームに制限がかかることもあるでしょう。

都内勤務の人でも通勤の利便性の良い宇都宮のマンションはおすすめです。地価の関係で家賃も手頃な価格に設定されています。