価値のある家づくりとは

日本の住宅は諸外国の家と比べると、寿命が短く設定されていました。その為に木造であれば、30年もすれば寿命を迎えるというイメージがありました。しかしこれからの住宅は、その倍以上の年数を利用できるような、丈夫な家づくりが必要です。すでに日本では木造住宅であっても、長持ちするような丈夫な造りになっており、きちんと修繕を繰り返せば長く使用できる家が多くなっています。

どのような土地にどのような家を建てるべきか?

注文住宅で家を建てる場合には、土地探しから始める場合があります。出来れば利便性の良い場所に、土地を購入するのが理想と言えます。それは駅から近く区画整理もされており、坂道もなく街灯も整備されているような安全で安心、なおかつ便利な場所が理想です。ただし、そのような土地はなかなか見つかるものではなく、もしも見つかったとしても立地の良い土地は価格が高いものが多いです。ですから少し駅から離れている方が、不便ではあるものの土地の値段も割安になります。

家を建てる場合には、頭金や諸費用が必要になります。金融機関の借入金だけで建てた場合には、返済額がその分大きくなりますので注意が必要です。その為に購入する家のせめて2から3割の頭金を用意してから購入に踏み切るようにしましょう。さらに建築コストを抑えるためには、将来的に無駄になるような部屋や段差などを作らないようにしましょう。老後も安心して暮らせるように、できれば孫の代まで快適に暮らせるような家づくりを目指してゆくことが大切です。

わずかな予算でも購入が出来る2000万の家があります。2000万円であれば、決して高収入では無くても夢のマイホームを購入する事が出来ます。