技術の進歩が届けてくれた贈り物

近年新築賃貸物件に積極的に導入されているオール電化に関しては、さまざまな視点から、そのメリットとデメリットが語られています。ちなみにデメリットとしては、電気代の負担が大きくなることへの懸念や、ガス器具だからこそ可能な調理に支障が生じるなど、入居者目線の現実的な指摘があげられています。

オール電化の最大のメリットはやはり、その安全性に他なりません。システムの劣化によるガス漏れ、炎によるヤケドや類焼のリスクは小さくありませんが、オール電化の場合、こうしたリスクの最大限の抑制が可能です。また万一のトラブルに際しても、ガス工事のように付近一帯の供給をストップし、大掛かりな交通規制を伴うような緊急工事が、必ずしも求められるわけではありません。

周辺環境にも安全を約束

オール電化システムの優れた安全性は、複数の部屋が前後左右に隣接する集合住宅において、より一層そのメリットを発揮します。ガスを使用する際に想定されるリスクが、一部屋だけでなく各部屋で大きく抑制されるため、建物全体の安全性が著しく高まります。ガス使用時に避けられない臭気も発生せず、空気を含めた環境汚染のデメリットもなく、これが日々積み重ねられることで、間接的な自然環境保護効果にもつながります。

幼い子どもや高齢者の使用によるリスクだけでなく、ついうっかり消し忘れたなどのヒューマン・エラーに際しても、オール電化は自動的にスイッチが切れるなど、根本的な対応機能を有しています。類焼や異臭の拡散などの近隣への甚大な悪影響を防ぐ意味でも、オール電化は建物全体だけでなく、その周辺環境にも安心を届けるシステムです。

千歳の賃貸マンション情報なら地図や沿線、学校や会社から、入力するだけで探すことができる便利なWebサイトがあります。