注文住宅を請け負う大手メーカーと工務店の違い

自分が理想とする家造りをする上で知っておかなくてはいけないのが、依頼を請け負う会社の特徴になります。注文住宅の依頼を請け負うのは大きく分けて全国展開をしている大手メーカーと地元密着型の工務店の2つです。一見するとどちらも同じように感じられますが、それぞれにメリットやデメリットがあります。大手メーカーならではのメリットとして挙げられるのが社会的信用度の高さによる安心感です。会社の規模の大きさはそのまま企業としての信頼感に繋がるため、トラブルが起こるリスクも少なく安心して依頼をすることができます。ローンを組む上での金融機関の選択肢の豊富さなども大手ならではの魅力です。その反面、トータルの費用が若干高くなってしまうのは否めません。

地元密着型の工務店のメリットは対応力の広さです。施工に対する制限がなく、依頼者の要望を取り入れることを基本としているため、設備や間取りのこだわりを取り入れやすいと言われています。また、大手メーカーのように下請けに依頼した時に発生する仲介手数料などの余分な費用が掛からないことで、費用を抑えられるのも特徴です。ただし、カタログや展示場などが用意されていないため、自分の中でハッキリとイメージができてない人は、最初の設計の段階で苦労してしまうこともあります。

間取りを決める時のチェックポイント

注文住宅は文字通り自分の希望をそのまま取り入れられるのが魅力です。しかし、自分の考えを反映できるからこそ、設計の段階でしっかりと出来上がりやその後の生活に対するイメージを抱いておく作業が必要になります。いくつかあるチェックポイントの一つが吹き抜けです。吹き抜けは開放感だけでなく、住居環境の問題で大きい窓が設置できない場合の採光の確保という機能性も備えています。

しかし、この吹き抜けは日中は外の明かりを効率良く取り入れられる反面、夜間は天井の高さによっては室内の照明が届かなくなるというケースも少なくありません。また、空間が広くなるほどエアコンを始めとした家電製品のエネルギー消費量が多くなってしまうため、高熱費が高くなってしまうこともあるので注意が必要です。自宅に吹き抜けを取り入れる場合には、採光性以外の部分も考慮することが大切になります。

生活をイメージして導線を考える

家造りにおいて重要となるのが導線です。導線とは利用頻度が高いリビングやキッチンなどの移動する線のことで、生活の快適さを左右する大事なポイントになります。時間のロスをなくすのはもちろん、年齢を重ねて体力が衰えた時の負担の軽減など様々な点を考慮して間取りを決めることが失敗しない家造りの秘訣です。

東京の注文住宅とは、東京で誰もが憧れる一戸建てを自分が住みやすいように、また住みたいように設計を依頼することができる住宅のことです。